(2011年04月19日) · 研修実績, 静岡県労働金庫

受講人数:30名 CSアップリーダー対象

 金融機関におかれても、目の不自由なお客様・思うように文字を書くことのできないお客様へのサービスとして「代筆」、目の不自由なお客様へのサービスとして「代読」が必要とされる機会が増えているそうです。
 講義と実技演習を通じて、相手の立場に立ったサービスのあり方を再認識していただけたとおもっています。

プログラム 13:00~17:00(半日:4時間)

  • 13:00~13:35 「金融サービスに求められるユニバーサルサービスについて」

    • ユニバーサルサービス総論・現代社会の特徴・少子高齢化
    • 多様な特性・感性・不測の事態・UDの事例
    • 人々の不満足を解消するUD/US・USの実践ポイントなど
  • 13:35~15:15 「多様なお客様の特徴と対応方法」

    • ご高齢のお客様への接客応対
    • 車椅子をご利用のお客様への接客応対
    • 「実践演習」 高齢者体験・車椅子操作体験
  • 休憩 10分
  • 15:25~15:55 「耳が聞こえにくいお客様への接客応対」

  • 15:55~16:40 「目の不自由なお客様への接客応対」

    • アイマスク・ガイドヘルプ体験
  • 16:40~17:00 まとめと質疑応答



Comments are closed.

このページ先頭へ

【お問合わせ先】

全国ユニバーサルサービス連絡協議会
〒141-0001
東京都品川区北品川5-7-14-506
TEL:03-3445-8666
メール:kyougikai@universalservice.jp


【お問合わせフォーム】

お名前 (必須)

フリガナ

法人名・会社名

部署名

メールアドレス (必須)

電話番号 (必須)

件名

お問い合わせ内容