(2012年08月09日) · 研修実績, 静岡県浜松市役所

場所:浜松市役所
対象:浜松市職員 44名

プログラム

14:00~15:00 「基礎編」

  • ユニバーサルデザインの基礎知識
  • ユニバーサルサービスについて
  • ユニバーサルサービスが必要な理由
15:00~15:50 「実践編」

  1. ご高齢のお客様への応対
  2. 肢体不自由なお客様への応対
    車いす基本操作のデモンストレーション
  3. 視覚が不自由なお客様への応対
    案内のデモンストレーション
  4. 聴覚が不自由なお客様への応対
    コミュニケーション手法の実践
  5. 配慮が必要なお客様・妊婦さん・外国の方など
15:50~16:00 まとめ
ユニバーサルサービスの実践へむけて
 研修では、視覚に不自由を感じる方への応対の中で、浜松市の視覚障がいのある職員さんから案内手法をお話しいただき、代表者の方に実践していただきました。
 浜松市は、平成24年度~33年度 第2次浜松市ユニバーサルデザイン計画「U 優プランⅡ」誰もが生き生きと暮らせるまちづくりの基礎として市民一人ひとりの「こころ(ハート)」、人々をつなぐ「しくみ(ソフト)」、人々の暮らしを支える「まち(ハード)」の3つをあげて取り組んでいらっしゃいます。
 今回、UDの「こころ(ハート)」を担う者として「ユニバーサルサービス」を職員研修に取り上げてくださいました。

受講者アンケートより(抜粋)

  • 講義だけでなく実際に車いすを使ったり視覚障がいのある方の誘導方法(声かけ)など、理解を深めるための内容であったと思う。
  • 心のUDの実践は、一人では効果が薄いので、施設職員に周知し、今後新たにUD対応施設になる予定のため、ハード・ソフトともにUD対応できるように心がけたい。
  • 実践をすることで普段気付かないことや思い違いをしていることに気づくので、とても勉強になりました。


Comments are closed.

このページ先頭へ

【お問合わせ先】

全国ユニバーサルサービス連絡協議会
〒141-0001
東京都品川区北品川5-7-14-506
TEL:03-3445-8666
メール:kyougikai@universalservice.jp


【お問合わせフォーム】

お名前 (必須)

フリガナ

法人名・会社名

部署名

メールアドレス (必須)

電話番号 (必須)

件名

お問い合わせ内容